仙台の美容師 スズキユタカのブログ/美容室KiRANA@仙台

仙台の美容師 スズキユタカのブログ/美容室KiRANA@仙台

こんな時だからこそオススメ映画でも紹介してみる

約 1 分
こんな時だからこそオススメ映画でも紹介してみる

仙台のキラーナという美容室で美容師をしております。スズキユタカです。

新型コロナウイルスの影響がどこまで出るのか分からず不安定な最近。仙台でも東北初の感染された方が出ました。
小中高校が臨時休校となったり、マスクはウルトラレアアイテムと化しデマにより紙製品なども重課金しないと手に入りにくくなってしまったカオスな世界。

外出もおいそれとはしにくくなったこの状況下で暇を持て余す方もいることでしょう。
不安に怯えていても仕方ないので家で映画でも見てゆっくり過ごす方が賢明かも知れません。

ということで、オススメ映画を何本かご紹介してみようと思います。



1.ウイルスさえやっつけそうなアクション編

ウイルス対策にはまずは免疫力を高めること。そのためにはプラシーボ効果も大事なのでハチャメチャに強い人を観てスカッとしては?

メカニック・ワールドミッション

初っ端から我らがステイサム兄貴の映画です。「メカニック」の続編ですが、ステイサム兄貴の映画はとりあえずどれ見ても大枠は一緒です。続編だろうがなんだろうが「ステイサム」を観てればいいので大丈夫です。

バットマンビギンズ

金持ちがコスプレする映画です。
めっちゃ金かけてコスチューム作ったのに犬に噛まれて怪我します。
中の人がなんの装備もなくヒマラヤ登っちゃうほどのチート人間なのでヒト、カネ、モノが揃っているという前提で成り立っている映画です。

ジョン・ウィック

スピードの頃のシュッとしていたキアヌ・リーブスはもういません。
愛犬の仇のためにめちゃくちゃ暴れる偏愛おじさんの話です。
ステイサムと違うのは毛があるかないかなのでお好みでどうぞ。

2.子供と観たいほっこり映画

突然休みになり、かと言ってあちこち出かけるのも気が引けるという方も多いと思います。そんな方にお子様も楽しめる映画を。

ベイブ

かわいい豚ちゃんが牧羊犬になろうとする話です。普通に泣けます。
これを観た夕飯は豚肉使えなくなるのでそこだけ気をつけて下さい。

ジャイアントピーチ

少年が桃に乗って虫たちと冒険するお話。
ティム・バートンらしいクレイアニメと実写が上手く融合しています。
わざわざきびだんご作らずに自分の乗ってる桃をあげればエコですよねっていうあるしゅの桃太郎へのアンチテーゼです。

平成狸合戦ぽんぽこ

ぼくの中でジブリの隠れMVPはこれです。
土地開発による動物への影響を考えたり、迫害される側がきちんと声を上げることの大切さを学んだり、得るものが沢山あります。
ただ、汎用性が高すぎるキン〇マがこれでもかと言うほど登場します。男の子をお持ちのご家庭ではこれを観た後にお子様がキ〇タマいじりまくる可能性があるのでご注意ください。

3.とにかく落ちまくる映画

毒をもって毒を制すといいますが、不安感に苛まれて仕方ない時はもっとドン底を観ることで何とかなる時もあるかも知れません。
ただ、普通に観るとその日1日なにも手につかなくなるので覚悟を決めてご覧下さい。

ミリオンダラーベイビー

クリント・イーストウッドとモーガン・フリーマンが渋い。ただ渋い。
そんな渋い男たちの中に女性ボクサーが志願して弟子入りする話。
やるせないを極めたラスト。何度観ても安定して気が滅入ります。

ゆれる

あまり邦画は観ないのですが、若かりし頃オダギリジョーに似ていると言われていた時期があるのでとりあえず観たやつです。
オダギリジョーをぼくに脳内変換してご覧ください。
逆に香川照之がカマキリ先生なことは忘れないとシリアスさが半減します。

或る終焉

イチオシのベスト・オブ・重い。主人公の職業が末期の患者のケアを専門にしているって時点で重い。
メキシコの映画で誰一人として知ってる俳優さんがおらず、だからこそ先入観なしで見られて重い。
そしてなんと言っても衝撃のラスト。
ひたすら重かった映画を観終わったと思ったらドン底に叩き落とされる無情感。
とにかくしんどい。

4.事実は小説よりも奇なりな映画

まるで映画のようなパニックが現実に起こりつつあるわけですが、そういったリアルに起こったことを題材にした映画をご紹介します。

ハクソーリッジ

第二次世界大戦下の沖縄での戦闘で衛生兵として実在した人物のお話。
いわゆる火事場のバカ力を目の当たりにさせられるのですが、日本兵の描写のされ方も面白いなと。鬼畜すぎて観ながら謝りたくなりました。
戦争映画ですのでグロい場面もありますので苦手な方はご注意を。

ウインドリバー

厳密には実際にあった話ではなく、実際に起きている状況についての問題提起的な内容。
パッと見ただけだと分かりにくいのでアメリカにおける先住民族の迫害について予習しておくと本当にこの映画の言いたいことが見えてきます。
ぼくレベルになると観ただけですぐ伝わってきましたけどね。観てもいまいちピンと来なくてググってなんていません。「ウインドリバー 考察」なんてググっていません。

スノーデン

これが事実なんてにわかには信じられませんね。アメリカ政府が個人のプライベートな通話やメール、SNSを違法に監視していたのを内部告発したという内容。
ほら、そこのあなた、今もこうやっていることを監視されてるかも知れませんよ…

ということで、とりあえず思いつくままに紹介してみたわけですがアレもコレもいいたくて書いてる間に臨時休校どころか春休みも終わりそうなのでこの辺にしておきます。

いやぁ、映画って本当にいいもんですねぇ。

では。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • アーカイブ
Profile image
宮城県仙台市青葉区、KiRANA SENDAIのクリエイティブディレクター/統括マネージャー。1980年6月14日生まれ。O型。
「その人に寄り添うヘア」をモットーに手入れのしやすさ・自然なのにキマる髪型を追求しています。
柔らかい女性らしいスタイル、ダメージを感じさせないカラーリングが得意です。

ご予約・ご質問はLINE@から

美容に関すること、役に立つ情報等を配信しています。
ご新規の方も受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

友だち追加数

Hair contents

More
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot

Error: admin-ajax.php test was not successful. Some features may not be available.

Please visit this page to troubleshoot.