仙台の美容師 スズキユタカのブログ/美容室KiRANA@仙台

仙台の美容師 スズキユタカのブログ/美容室KiRANA@仙台

美容の鉄人〜正しいシャンプーの仕方頂上決戦

約 1 分

人気記事

わたしの記憶が確かならば、シャンプーの語源はヒンドゥスターニー語を語源としイスラム王朝ムガル帝国にて行われていた頭部マッサージのことを指していた。
それはイギリス王室にも認められるほどの高貴な扱いをされた後、1860年代に洗髪を意味するようになっていったのだ。
日本においても江戸時代には「洗い髪」として伊達で粋なこととして持て囃された。
1980年代には「朝シャン」ブームが起こるなど、常に「流行」の中に登場してきたシャンプーという行為。

しかし、そのシャンプーを「あんなのはただの行水」と言い放つ人物がいた。美容師が話すシャンプーについての話はモノを売りたいだけの売り文句だとまで言い切る彼女はそんなことに時間をかけるよりも大事なことがあると主張する。
一般市民中の一般市民を豪語し、「生きることは消耗」が座右の銘の彼女が今回の挑戦者。

それでは紹介しよう。
容姿、家族構成、年収、己の全てが日本のスタンダードと名乗る彼女。
一般市民代表「小田割 奈伊代(こだわり ないよ)」31歳。

人並みにキレイに可愛くなりたいと思いおしゃれを楽しみ、シャンプーなどにも気を使う20代を過ごしてきた彼女。しかし、こだわればこだわるほど「正しい」とは何なのかに疑問を持ち「適当でいいや」との境地に至ったのだ。

Avatar image
「結局洗えればいいわけでしょ?そんな毎日細かいことにこだわったからって髪が良くなるわけでもないしそもそもわたしの髪は引っかかりやすいしまとまりにくいの。やり方を変えたりしてみたけど結局時間かかるし疲れる。髪を洗うことに正しいも間違ってるもないのよ。」

さぁ、一般市民の代表として細かいことばかり言う美容師のシャンプー論を完膚なきまでに論破するがいい!

1億2千500万の日本人が毎日のように行なっているシャンプー。美容室に行くたびに新しいシャンプーを買いこだわり続けた結果、無我の境地に達した彼女。さぁ皆さん大きな拍手でお迎えください!一般市民代表、小田割 奈伊代!

Avatar image
「ようこそ。ビューティスタジアムへ。あなたにとって一言でシャンプーとは何ですか?」
Avatar image
「消耗です。時間はかかるしシャンプー代もバカにならない。美容師さんはもっとこうした方が良いと教えてくれますが、正直そんなこだわってもそんなに変わらないんですよ。」
Avatar image
なるほど。では今日はいわゆる究極に普通のシャンプーを見せてくれるということですね。
Avatar image
えぇ。普通はこんなもんだというのを見せ付けようと思っています
Avatar image
わかりました。ではそんなあなたを迎え撃つ我が美容アカデミーが誇る三人の鉄人たちを登場させましょう。

蘇るがいい、アイアン美容師!

Avatar image
『美容師として己の道を極めんとする三人の鉄人達…』

『ケアの建陳一(けん ちんいち)』
『カラーのスズ鍋ユタカ(すずなべ ゆたか)』
『カットの六場道三郎(ろくばみちさぶろう)』

Avatar image
さあ、誰と戦いますか?
Avatar image
建さんお願いします!
Avatar image
『やはりここはケアの鉄人、建を指名ですね。ケアにこだわる鉄人とこだわらない事にこだわるマジョリティ代表、いかなる戦いが繰り広げられるのでしょうか!?申し遅れました。わたくし解説を務めて行きます、仙台のKiRANAで美容師をしております、スズキユタカです。』
Avatar image
それでは早速今日のテーマを発表します。日々消耗でしかないと挑戦者を持って言わしめる毎日のルーティンワーク。今日のテーマはこれです!



今日のテーマは「正しいシャンプーの仕方」

Avatar image
さぁ、今戦いの火蓋が切って落とされました。経験したことがない人がいないであろうシャンプー、早速動いたのは挑戦者ですね、ハットリさん。
Avatar image
そうですねぇ。挑戦者は早速シャワー全開で髪を濡らし始めましたね。
えー、スズキさんスズキさん!挑戦者にお湯加減を聞いてみたところ、ちょっとヌルいという事でした。今日は寒いから本来なら45度くらいの熱めのお湯のほうが気持ちいいという事でした。
Avatar image
45度はなかなか熱いですね。でもおうちによっては水圧が弱いシャワーもありますから熱めの方が汚れが落ちている感じがするのかも知れませんね。
えー、スズキさん!鉄人はどうやら自分の髪ではなく代理の女性に指示を出しながらシャンプーしていくようですね。その女性ですがまだ髪を濡らさずにクシで髪を梳かしています。
Avatar image
確かに髪の長さなどのハンデがありますからこれは特別措置という事でしょう。しかし鉄人サイドはまだ髪を濡らしていないのが気になるところですね
Avatar image
お、挑戦者はもうシャンプー剤を手に取ってますね。
えー、スズキさんスズキさん。挑戦者側は数秒で髪を濡らすのをやめてシャンプーを付け始めたんですが思うように泡立っていない模様です。
Avatar image
なるほど。ちなみに今回は公正を期すためにシャンプーは両者同じものを使用しています。
ダメージケアに特化したアミノ酸系シャンプーですね。
Avatar image
アミノ酸系シャンプーは肌と髪に優しい処方ですが、若干泡立ちにくいですから市販のものに慣れていた挑戦者は苦戦しているのかもしれませんね。
えー、スズキさん。鉄人サイドは髪を濡らしはじめましたが髪というより頭皮にお湯をあてているようです。どちらかというと濡らすというより水洗いしてる感じに見受けられます。1分くらいは予洗いしている印象です。
Avatar image
ちなみに温度に関してはいかがですか?
えー、今入ってきた情報によるとお湯の設定は40度だそうです。
Avatar image
低めですね。ハットリさんはどうご覧になりますか?
Avatar image
鉄人サイドはやはり基本に忠実ですね。ブラッシングすることで頭皮の皮脂を浮かせ、頭皮に負担のないやや低めの温度のお湯でしっかりと予洗いしてます。そうすることで汚れの7~8割は落ちますからね。料理でいうところの下ごしらえをきちんとしている印象ですね。
えー、スズキさん。挑戦者サイドはうまく泡立たないことに耐えかねてシャンプーを追加しましたね。合計4プッシュ使用しています。
Avatar image
4プッシュはちょっと多いですね。コストパフォーマンスを謳っていた挑戦者だけにこれは想定外と言ったところでしょうか?
えー、スズキさんスズキさん。鉄人サイド、今やっとシャンプーをし始めたんですが挑戦者と違って普通に泡立ってます。
Avatar image
ここで下ごしらえの差が出てきましたね。
シャンプーの仕方に違いはありますか?
はい。挑戦者サイドはゴシゴシやって流しに入りましたが、毛先がひっかかってもつれています。一方鉄人サイドは手のひらで泡立てたあと、さらに頭皮で泡立ててマッサージするように洗ったあと、粗歯のクシでとかしています。
Avatar image
クシですか…
Avatar image
これはアミノ酸系シャンプーの栄養分などを毛先に上手く行き渡らせていますね。普段から髪にいいシャンプーを使っているから出る行動ですね。
えー、スズキさん。挑戦者サイドは髪の引っかかりに苦戦してちょっとタイムロスになってます。予洗いとシャンプーでのタイム差がほぼ縮まりました。
Avatar image
そのようですね。挑戦者サイドは少し焦ってシャンプーを流している感じでしょうか?
Avatar image
あれ?もう流し終わりのようですね。まだ生え際に少し残ってるように感じますがこれはいけませんね…。
Avatar image
一方鉄人サイドは落ち着いてしっかりと流しています。ここで挑戦者サイドはトリートメントをつけるようですがかなり大雑把ですね。
えー、スズキさん。挑戦者サイドに焦りがあるか聞いたところ「いつもこんなもんだ」とのことでした。
Avatar image
毛先が引っかかるのも想定内と言わんばかりに無理矢理指を通している感じに見えますね。
Avatar image
髪の毛は濡れているとデリケートですからあそこまで雑に扱うとトリートメントしてるはずがダメージになりかねないですからこれは少し心配ですね。
Avatar image
鉄人サイドもトリートメントを付けてますが先ほどシャンプーの際にクシを通しているからかだいぶ付けやすそうです。そこをさらに粗歯のクシで梳かしながら揉みこんで満遍なく行き渡らせてますね。
えー、スズキさん。挑戦者サイドはすでにトリートメントの流しに入ってます。まだちょっと絡みがあって流しにくそうな様子です。
Avatar image
鉄人サイドも流し始めましたね。鉄人サイドは頭皮に近いところを流して毛先に若干残す感じで流しているようですね。
お互い流し終えたところで終了のゴングです。
では、美容記者歴40年の岸夜子さんの総評です。

美味しゅうございました

Avatar image
…では、乾かし終わったようですので早速、ツヤ感・手触り・頭皮の状態などを総合的に鑑みての結果発表です!
Avatar image
一般市民の声を存分に届けた挑戦者。日々の生活は消耗だと言い切り究極の日常を見せてくれました。対する鉄人はツボを押さえた自宅で再現できるプロの技を披露しました。毎日の小さな積み重ねがやがて差が出るのか。では発表します。

……

………

Avatar image
鉄人、建陳一!!

やはり強かった、鉄人!少しぬるめのお湯で1分以上はしっかり予洗いし、シャンプー剤はしっかり泡だてて頭皮をマッサージするように洗う。しっかり流したらトリートメントを毛先中心に揉み込み20〜30秒程度でサッと流す。そして常に髪の毛をいたわりながらもつれの出ないように洗っていく。こういう細かいこだわりの積み重ねが美しい髪の毛の礎となって行くのでしょう!
それではまたお会いする日まで!

【クラウドファンディングにてKiRANAオリジナルヘアケアシリーズ限定版を手に入れよう!!】

KiRANAの10周年記念限定ラベル(デザインは佐々木香菜子さん)がちょっとお得に手に入ります!
しかもノベルティまで付いてきます!

*今までにない手触りで髪だけでなく全身使える万能オイル『Lessful oil』
*ダメージケアには髪の毛を作っている成分がぎっしり詰まった『Lessシリーズ』
*頭皮ケアには最先端の育毛成分と生薬成分の合わせ技、『Fulシリーズ』
*ベーシックケアにこだわりたい方はエントリーモデル『5-fiveシャンプー』

ぜひお試しを!!
お友達にもご紹介していただけると泣いて喜びます…
SNSなどで拡散していただいても泣いて喜びます…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • アーカイブ
Profile image
Profile image
宮城県仙台市青葉区、KiRANA SENDAIのクリエイティブディレクター/統括マネージャー。1980年6月14日生まれ。O型。
「その人に寄り添うヘア」をモットーに手入れのしやすさ・自然なのにキマる髪型を追求しています。
柔らかい女性らしいスタイル、ダメージを感じさせないカラーリングが得意です。

ご予約・ご質問はLINE@から

美容に関すること、役に立つ情報等を配信しています。
ご新規の方も受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

友だち追加数

Hair contents

More