仙台の美容師 スズキユタカのブログ/美容室KiRANA@仙台

仙台の美容師 スズキユタカのブログ/美容室KiRANA@仙台

#おしゃれさんと繋がりたい

約 1 分

どうも。インスタのストーリーズにネタの自撮りを載せたら「怖い」「きもい」と即座にDMが来て消しました。
スズキです。

さて、そんなインスタグラム。
一時期はフォロー返し欲しさの美容師さん達からフォローされ、フォロワーが増えて調子に乗っていたものの最近はと言えばマイナス成長の兆ししかなく承認欲求強めのぼくは病んでしまいそうです。

ずっとヘアスタイル+たまーにDIYを載せていたインスタですが、先日あまりのフォロワー欲しさにこんな投稿をしました。

View this post on Instagram

最近、2週間に1回勝手に届く花を愛でるという意識高い暮らしを送っています。 1週間飾ったらあとはドライフラワー化させていくというルーティン。 今回の花はひとつも名前が分からないので「緑のたんぽぽ」とか「ブロッコリーの先っぽの一部」と呼んでいます🤷‍♂️ ハッシュタグの後半にこういう投稿してそうな人が付けそうなそれっぽいのを並べてみる遊び🤣 #hair #hairstyle #haircolor #color #sendai #kirana #kiranasuzuki #ヘア #ヘアスタイル #ヘアカラー #カラー #仙台 #仙台美容院 #撮影 #サロモ #サロンモデル #キラーナ #花のある暮らし #ファインダー越しのわたしの世界 #おしゃれさんと繋がりたい #l4l #ファインダー越さなくてもわたしの世界 #おしゃれさんと繋がりたいと言って繋がれる人は本当におしゃれさんなのかという疑問 #f4fはフォローフォーフォローなのでフォーフォー言い過ぎ問題

A post shared by スズキユタカ【KiRANA SENDAI】 (@kiranasuzuki) on

お分かりでしょうか?このあざとい投稿が。
一見無駄とも言える右の余白。
あからさまではない加工。
そして燦然と輝く#おしゃれさんと繋がりたい というただ願望を書き連ねただけのハッシュタグ。

わかりますか?「繋がりたい」の他力本願さが。非公開にできるとはいえ、オープンなSNSであるインスタグラムにおいて自らフォローしに行かずに「繋がりたい」と願望を書くだけ書いてフォローしに行かない不条理。

これはよくある、インスタグラマーが新しい投稿をした時にストーリーズにその投稿がはっきり見えないようにして「NEW POST」とかやるのと一緒です。
見せたいならストーリーズにも同じものを上げればいいだけなのです。
しかし、そこにはいいねを押して欲しいが故にちゃんと投稿まで誘導するというあざとさがあります。夏でもないのに谷間を露わにした水着投稿をしてるのと同じくらいあざといです。

ぼくが付けた「おしゃれさんと繋がりたい」はむしろあざとささえ消えた言わばモロです。
もう水着さえ着ていない状態です。
本当のおしゃれさんは恐らくそんなおっぱい丸出しの投稿にはフォローはおろかいいねさえしてくれません。繋がってくれないのです。

さらにぼくは「ファインダー越しのわたしの世界」というオシャレ写真の90%についているハッシュタグまでつけました。もう末期です。
そもそもiPhoneで撮っています。ファインダーは覗いていません。むしろファインダーで切り取った世界も、その周りの写っていない世界もわたしの世界であることには変わりなく、わざわざそれを「わたしの」と言い切ってしまうのは、あなたの世界ではなくわたしはわたしの世界で生きているんだ。だからいいねなんて付かなくても気にしないし自己満なんだから気にしないでね、でもいいねは押してね」という魂胆が透けて見えてしまいます。

そうと分かっていながら病みそうだったぼくは禁断の領域に手を出したのです。保釈の時にはケンタウロスが来てくれることを願って。
結果、先程のを見て頂いてもわかる通りへなちょこな数のいいねしか来ませんでした。
いや、むしろありがたいです。あんな投稿にいいねを押してくれた勇気が。

インスタグラムはフォローした相手が何にいいねをしたのか分かってしまいます。考えても見てください。自分が水着さえまとっていないモロ投稿と同じようなものにいいねをしたとみんなにバレるんです。もうそこには愛と勇気しかありません。アンパンマンと友達です。

しかし、1番勇気を出したのはぼくです。水着を自ら脱いだんですから。
なのに、いいねが全然つかない。
賢明な読者の皆さんはなぜこんな記事をぼくが書いたのかお分かりだと思います。
いいねを押すのです。そしてフォローも。
何も考えずに♡マークをタップし、その後「フォローする」をタップするのです。。。

View this post on Instagram

最近、2週間に1回勝手に届く花を愛でるという意識高い暮らしを送っています。 1週間飾ったらあとはドライフラワー化させていくというルーティン。 今回の花はひとつも名前が分からないので「緑のたんぽぽ」とか「ブロッコリーの先っぽの一部」と呼んでいます🤷‍♂️ ハッシュタグの後半にこういう投稿してそうな人が付けそうなそれっぽいのを並べてみる遊び🤣 #hair #hairstyle #haircolor #color #sendai #kirana #kiranasuzuki #ヘア #ヘアスタイル #ヘアカラー #カラー #仙台 #仙台美容院 #撮影 #サロモ #サロンモデル #キラーナ #花のある暮らし #ファインダー越しのわたしの世界 #おしゃれさんと繋がりたい #l4l #ファインダー越さなくてもわたしの世界 #おしゃれさんと繋がりたいと言って繋がれる人は本当におしゃれさんなのかという疑問 #f4fはフォローフォーフォローなのでフォーフォー言い過ぎ問題

A post shared by スズキユタカ【KiRANA SENDAI】 (@kiranasuzuki) on

っていう、ただ嫉妬と羨望に満ち溢れただけの記事を書きましたが周りの嫉妬と羨望の的になりたい方は髪質改善トリートメントがオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • アーカイブ
Profile image
宮城県仙台市青葉区、KiRANA SENDAIのクリエイティブディレクター/統括マネージャー。1980年6月14日生まれ。O型。
「その人に寄り添うヘア」をモットーに手入れのしやすさ・自然なのにキマる髪型を追求しています。
柔らかい女性らしいスタイル、ダメージを感じさせないカラーリングが得意です。

ご予約・ご質問はLINE@から

美容に関すること、役に立つ情報等を配信しています。
ご新規の方も受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

友だち追加数

Hair contents

More