仙台の美容師 スズキユタカのブログ/美容室KiRANA@仙台

仙台の美容師 スズキユタカのブログ/美容室KiRANA@仙台

ぼくの中の巨神兵

約 1 分

人は誰しも「自分には平穏で幸せな毎日が待っている」と思いがちだ。

幸せは気付かないところで毎日少しずつ積み重なり、ややもするとそれがまるでいつもと変わらない日常のように感じさせる。
ところが不幸というものには敏感で、まるで不幸であることを求めているかの如く不幸自慢をしたがる人さえいる。

しかし、幸せも不幸も紙一重でどちらも結局は本人が呼び込んでいるものには違いない。
もちろん運命的に訪れる幸せもあるがそれを掴めるかどうかは当人の能力に依存している。
そして不幸もまた、回避能力次第で避けれるものも少なくはない。

そのもの青き衣をまといて金色の野に降り立つべし

失われし大地との絆を結びついに人々を青き清浄の地へ導かん。

ぼくが生きている今は、火の七日間戦争のように熾烈でないにしても混沌とした世の中である。
その腐海の森を生き抜いていくために、不幸に好かれないように自衛していくために、瘴気マスクをしていかなければいけない。
でなければ5分で肺が腐ってしまう。

希望。
正義はひとつではない。巨神兵もトルメキアにとっては希望だったに違いない。
映画版では描かれないがナウシカは巨神兵にオーマと名付け母となる。
違った角度から見れば兵器は神にもなる。
世界はそういう微妙なバランスの上に成り立っている。

がん細胞もまた、がん細胞側から見れば正義であろう。
しかし、ぼくはまだ胃袋をがん細胞に譲り渡すわけにはいかない。
この世ではがんになるというのは不幸と相場が決まっていて、その不幸を甘んじて受ける気はない。

バリウムを飲んで乗ったメーヴェという名の診察台。
さぁ、出て来い!ぼくの中の巨神兵!

あー、バリウムしんどい…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • アーカイブ
Profile image
宮城県仙台市青葉区、KiRANA SENDAIのクリエイティブディレクター/統括マネージャー。1980年6月14日生まれ。O型。
「その人に寄り添うヘア」をモットーに手入れのしやすさ・自然なのにキマる髪型を追求しています。
柔らかい女性らしいスタイル、ダメージを感じさせないカラーリングが得意です。

ご予約・ご質問はLINE@から

美容に関すること、役に立つ情報等を配信しています。
ご新規の方も受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

友だち追加数

Hair contents

More